さらんはぬん Hyesung

「さらんはぬん Dongwan」の姉妹店。Hyesungの日本活動レポを期間限定でやっちゃいます!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘソン ソロコンサートレポ その4

ヘソンのソロコンレポの続きを書いていきますね

ヘソンが舞台を降りると、ぎこちないナレーションのVTRが
お決まりのセリフ「僕はシンヘソンだ」って言っただけで、
会場からは小さな笑いが起こるようになりつつありましたが。。。
ここでVTRに登場したのは身体を鍛える「ワイルドヘソン」でした
ヘソンがシャドーボクシングをやる姿がイメージになくて(ミアネ。。。)
なんか、その動きに見いっちゃいましたけど、
実はWiiでボクシングゲームをやってるってオチでした

ワイルドなヘソンが登場した後、スクリーンにある文字が写し出されると、
会場は地震かと思うくらいの揺れを観測しました

その文字とはみんなが待ちわびてる、あの6人。。。

SHINHWA」の文字です ほんとにすごかったです。

会場が床から響いてくるような、ものすごい歓声に包まれて
スクリーンにはシナの映像も写し出されたもんだから、
会場のテンションマックスで、我を忘れて大興奮
この映像にも大興奮でしたが、この後のシナメドレーには度肝を抜かれました

シナメドレーは3曲だったんですけど、メドレー+フルで1曲で
シナの曲は計4曲歌っってくれたヘソン
というより、メドレーに関しては歌わずダンスメドレーだったんです

ヘソン日本コン

ダンスメドレー1曲目は「T.O.P
みんな大好きなサビの部分のお決まりの振付けもまんまシナだったし、
最後の決めポーズでも、しっかり天を仰いでました

続いてメドレー2曲目「Hey come on
3曲踊った中で一番インパクトがあったよね
だって、この曲の見せ場の一つでもある、ミヌのソロダンスを
ヘソンがソロで躍ったんですよ~~~~ すごい貴重ですよね
ヘソン、がんばって練習したんだろうなって感じたし、かっこよかったですよ

メドレー3曲目は誰もが知ってる、「BRAND NEW」でした
ドンワンパートは、ドンワンの代わりに私が歌っておきました(笑)
ドンワンソロコンで、自分のパート以外は徹底して歌わなかったことを思い出して、
つい他のメンバーのパートは歌ってあげなあきゃって思っちゃいましたよ

ここまで3曲のシナダンスメドレーを披露してくれたヘソンですが、
ダンスだけじゃなくってやっぱり聞きたくなっちゃうのが、ファンの心です
そんな気持ちをわかってくれてますね~。
ここでシナの曲では4曲目「Perfect man」が流れました

ヘソン日本コン

この曲はダンスではなくて、ロックバージョンにアレンジされてて、
会場一体になって大盛り上がりでしたね
フルコーラス歌ってくれたけど、客席にもマイクを向けてくれたりで
お客さんもシャウトしてて、ほんとに一体化してましたよね
私もドンワンパートはかなりシャウトしてましたから~(笑)

この写真のヘソン、二の腕とかもがっしりしたよね
年末のエンディコンで(確か?)「ヘソンヒョンも運動してる」って言ってたよね
あんまりやりすぎて、4集の頃のドンワンみたいにならないように
Tシャツの袖がきついって、そんな苦労することになりますよ

シナのヒット曲を歌って、踊りきったヘソンはまた舞台袖に。。。
スクリーンには、また自ら出演のVTRが流れるんですけど、このVTR好き
ヘソンペンさんにはたまらないと思うけど、なんか笑る~
さぁ、次はコンサートのラストまでをレポするつもりですよ

どうぞ、最後までお付き合いお願いします


さらんはぬん Dongwan yae
スポンサーサイト

ヘソン ソロコンサートレポ その3

レポの間がすごくあいてしましましたね。
このレポはしっかり最後まで書きますので、あきれずにおつきあいください

コンレポその3ですっごく大事なことを書いてなかったことを思い出しました
Love Actually」の時にヘソンが
バスケットに入った花を客席に投げてプレゼントしてくれたんですよ

ヘソン日本コン

この大きなリラックマがメインのプレゼントだったんです
ぬいぐるみはもらえなかったけど、オンニはひまわりもらったよ
ヘソン日本コン
スペシャルなプレゼントに後ろで見てた私もうれしかったです
2日目は私たちの前の列までで、ここまでは届かなかったよ

そうそう、コンレポにUPしてる写真はネット記事から拝借してますけど、
これみんな初日の写真ですよね。衣装が違うもん
中でも、私はこのラフな衣装が夏っぽくて好きでしたよ
スーツは当然似合うしかっこいいけど、こんなやわらかい感じも
いたずらっ子っぽくって、かわいいですよね

さぁさぁ、本線のレポに戻ることにしましょうか。
ここで本日3本目のVTRが流れます。
今度のVTRのテーマは「MUSIC」ですね。
ギターを弾いたり、楽譜を書いたり。アーティストの顔
このVTRには「僕はシンヘソンだ」っていう日本語のナレーションが
毎回入ってるんだけど、このナレーションがぎこちないの
って、ヘソンペンさんにはそこがツボだと思いますけど
ドンワンいたら「オセッカダ~~~」って言われちゃうよね(笑)
ドンワンはよく、連発しちゃいますから。オセッカダ~を。

VTRの最後に楽譜が写るんだけど、次の曲「애인(恋人)」でした
ピアノの伴奏だけで歌ってくれたので、雰囲気あってよかったですよね~

ヘソン日本コン

続けて「Love Letter」も歌ってくれました
3集sideー2は好きな歌が多いけど、この曲も好きなのでピアノ伴奏で聞けて良かった

ヘソン日本コン

さて、ここでヘソンが日本語の手紙を読んでくれたんですよ~

ヘソン日本コン

「僕という人間。この僕に10年以上、ファンの皆さんが与えてくれた大きな愛情。
まだ、僕はその大きな愛を受けるばかりで申し訳ない気持ちです。
その大きな愛に報いようとすれば、僕はまだまだ未熟で行く道も遠いと思う。
僕のそばにいる人々が幸せであるように
この世の誰よりも皆さんの前で心をこめて歌いたい。
初めて会った瞬間から最後まで皆さんは僕の初恋の人です。」


会場は静まり返って、ヘソンの声に耳を傾けてました。
最後の「皆さんは僕の初恋の人です」ってとこで
悲鳴のような歓声が会場に響きわたったことは言うまでもないでしょう
ヘソンはそのまま「첫사람」を歌ってくれて、これもよかった~
バラード歌手シンヘソンの存在感がすごく出てましたね

大人のための?(笑)アコースティックコーナーが続きますよ
ギターの伴奏で女性コーラスと二人で歌った「Falling Slowly...
3人のコーラスみんな参加して歌った「How deep is your love
ビージーズの名曲ですよね。タイトル思い出せなくて探しましたよ。
邦題は「愛はきらめきの中に」でした

ここでちょこっとMCが入って次も聞きなれた曲でした
洋楽に詳しくない私でも知ってる曲「Part time Lover
スティービーワンダーのヒット曲ですよね~。
知らない洋楽の歌をたくさん歌われちゃうと、
もっとヘソンの曲を聞きたいのにって思っちゃうけど、
知ってる曲だと、ヘソンが歌うとこんな感じなんだ~って
新たな発見でとても楽しかったです

大人のためのアコースティックコーナーはここまで。
この後、またまたVTRが流れるけど、思わず笑っちゃいました
大興奮のシナメドレーも含め、次回のレポに続きます


さらんはぬん Dongwan yae

ヘソン ソロコンサートレポ その2

ヘソンコンレポの第2弾ですよ

ヘ~ソ~ン」の掛け声で、「もっと君と」のイントロが流れました
ポップな曲だから、もちろんヘソンのダンスが見れました
このダンスがすっごくかわいいダンスだったですよ~
今回は男性ダンサーを6人連れて来ていたヘソンは踊りもがんばってました
かわいい振付の度に会場からは黄色い歓声が上がってましたよね

かわいい振付から一転、「중심」ではパワフルに踊ってました
振付も新しくしたみたいで、ヘソンの気合いを感じましたよ
みんなで「Miss Terry」を叫ぶと、ヘソンコンだ~って実感できますね

ここでヘソン出演のVTRが流れます。ここで流れたには‘お料理編’
ヘソンはイヤフォンで音楽を聴きながら、チャーハンとうどんみたいなパスタ、
ジャムサンドを作るんですけど、アイドル~て表情に客席から歓声が。。。
ヘソンが料理してるのを見て、ZEPPでのペンミを思い出したのは私だけではないはず。
なんとなく笑いが起きたのは、あの場面を思い出したからかな。

VTRが終わって再び舞台にあがってヘソンは衣装チェンジしてました これは1日目。
1日目と2日目は衣装違ってたんですよ。さわやか系の衣装
ヘソン日本コン

衣装替えして最初の曲は「友達」 聞きたかった曲のひとつ
歌詞もメロディも好きなんですよね~。かわいいもん

そのまま明るいメロディの曲が続きます。「僕らの永遠
ショーケースの時に「サビの部分が早くって大変だった」って話してたけど、
コンサートでも大変だったのか、客席にマイクを向けてました(笑)
でも、日本語曲だと堂々と叫べるね。自信もって歌えるし

ここでばんど紹介がありました。
すっかりお馴染の顔から、新しい顔まで。やっぱり生バンドはいいね~
後々、彼らの大活躍の場、アコースティックコーナーもありまよ

ここからは、ノリのいい曲が3曲続きますよ
最初は大好きな曲、「Love Actually
この曲を聞いてると、自然と楽しい気持ちになっちゃうんですよね~

ヘソン日本コン

日本コンでの定番になっていくだろうこの曲、「Night date
思わず口ずさんでしまう、中毒性のあるメロディと耳になじむ歌詞が
一度聞いたら忘れられない曲でもありますよね
思わす「春~も、夏~も、秋~も、冬もずっと~」って歌っちゃうでしょ

そして、ここでサプライズの選曲がありました
嵐の「Love so swwet」を歌ったんですよ
まさか、嵐にヒット曲を歌うとは思ってなかったから、びっくりしました
日本でも韓国でも人気に嵐の曲で、みんなで盛り上がろうと選曲してくれたんだね
ところが、サビはあわかるけど、他の歌詞は自信がなくて。。。
ヘソンがマイクを向けてくれるんだけど、歌えなかった ミアネ~、ヘソン
こうやって、持ち歌以外にも日本の曲を覚えてきてくれて、うれしいですよね

さわやかな空気を残して、ヘソンはいったん舞台を後にしました。
ここで、ヘソン出演のVTRが流れます。内容はレポ第3段で


さらんはぬん Dongwan

本日お見逃しなく!!!

Hyesung出演番組OA情報>
   

NHK BS1 “アジアクロスロード”

6月9日(水)17:00~17:49


※韓国を越えて、日本やアジア各国で活躍しているアーティストの一人としてインタビューに答えます。

詳しくはこちらへ

6月7日(月)コンサート前にインタビューに答えていたそうです。
どんな内容なのか気になりますね。
皆さんお見逃しなく!!!


さらんはぬん Hyesung  misamo

ヘソン ソロコンサートレポ その1

いや~~、終わっちゃいましたね、ヘソンのソロコンサート
コンサートで完全に燃焼してしまったのか、なんか気が抜けたような感じです。
自分で思ってる以上に、コンサートを楽しみにしてたんだなぁって
コンサート終わってから感じているところであります。。。

さて、さて、ずっと放置していた、さらんはぬん Hyesungですが、
日本での活動をUPするために始めたブログですから、今書かないでいつ書くってことで
コンサートレポはここに書いていきますね
そんなわけで、早速コンサートレポをスタートします

今回のヘソンコンは二日間とも、アッパとオンマが来てました
ネット記事によると、ソロコンに両親が来たのは初めてだって。
オンマは初のソロコンの時もきてたもんね~。
ヘソンも親孝行できましたよね。自分の息子の晴れ姿~ 感動したろうね。

日曜日は15分遅れて始まったコンサートですが、月曜日はほぼ時間通りのスタート
スクリーンにベッドで寝ているヘソンが写って、キャ~って歓声が
ヘソンがさわやかに目覚めるところから、コンサートが始まりました

スクリーンの映像が宇宙のCGへと変わって、壮大なメロディが流れ始めます。
月?が迫ってくるような映像に吸い込まれそうな感覚に落ちていると、
1曲目「コトバにできない」が流れ始め、スクリーンの向こうにヘソンが
客席からの大歓声と早くも「ヘソ~~ン」の掛け声がかかって、
会場のボルテージが一気にUP ドキドキしちゃうね
スクリーンの間に立つヘソンには、まだ証明が当たらない状態で
いやがおおにも、早くヘソンが見たいって気持ちが大きくなりますよね
照明が当たった瞬間、大歓声とともに本日の主役、ついに登場です

ヘソン日本コン

コトバにできない」はショーケースでも1曲目に歌った歌だから、
コンサートは別の曲からいくかなって思ってたけど、この曲からでしたね~
情感たっぷりな、ヘソンらしいバラードでとっても好きな曲だし、
客席はみんなヘソンの多声に酔ってましたよ~

ヘソン日本コン

たたみかけりように、2曲目の「春の中で」へ
スクリーンには日本の美しい春をイメージした映像と歌詞が流れて、
ヘソンの歌声を一層切なく、響かせてくれました~

ヘソン日本コン

バラード歌手らしいステージを満喫したあと、ヘソンのメントがはじまります
第一声は日本語でしたけど、そのあとは気楽に韓国語でした
これには、取材に来た記者さんたちもびっくりしたそうです
ヘソンの言葉を聞いて、みんなリアクションするから。
ファンのシナ愛を感じたことでしょう(笑)

ヘソン日本コン

ヘソン、髪が短くなりましたよね~
ドンワンといい、ヘソンといい、エリックもだね(笑)、短めが流行りかな
この写真だとわかりにくいかもしれないけど、日焼けしてましたよ
顔も焼けてたし、鎖骨にあたりも黒かったですよね。
髪も短くしたし、ダンスも踊るし、日サロでも行ったのかなって感じ
でも、色の黒いヘソンもワイルドでかっこよいのです

ヘソンが客席に「僕の好きな呼ばれ方があるでしょ」って振ると、
みんな口々に「ヘソ~ン」って叫んでいると、
みんなで大きな声で呼んで」って、自らお願い
そりゃあ、みんな喜んで呼ばせていただきますよ
ヘソンの「せ~の~」の声に合わせて「ヘ~ソ~ン」と叫んだところで、
ポップな曲のスタートとなりました

まだ、始まって2曲ですが、長くなりそうなので続きはその2で
今回も長い、長いレポになりそうですが、最後まであきれずお付き合いくださいね


さらんはぬん Dongwan yae

 | HOME |  »

プロフィール

wansung

Author:wansung
期間限定オープン!!
Hyesung大好きmisamoと
Dongwan大好きyaeの
楽しいHyesungブログです♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。